大学生翻訳。

地位も名誉もどうでもいい。

ブログデビュー!!

 

はじめまして!

フリーランス翻訳家のbelmareです。

ある人に「翻訳する!」って言ったら、「ブログでもなんでもして自分をアピールしていかなきゃ!」というアドバイスをいただいたので、さっそく(といっても、アドバイスされたのは一か月前ですが💦)始めてみました。

 

記念すべき最初の記事には、主に3点記しておきたいと思います。

1.自己紹介

2.翻訳家になった経緯

3.このブログでやりたいこと

 

 

ではまずは自己紹介から!

えーと、belmareでございます。

現在大学3年生で、イタリア語を専攻しています。

お気づきの方も多いとは思いますが、bel mareはイタリア語です。

『綺麗な海』って意味です。

特に海が好きなわけでもないのですが、私の名前をイタリア語に訳すと

bel mare del sud 美しい南の海

なので、bel mare。

翻訳は1年ほどやっています。

今のところ、日英、英日、伊日をやったことがありますが、日伊も近い将来チャレンジしたい!!

 

続いて、翻訳家になった経緯について語らせていただきます。

私も、大学3年生の夏から冬にかけて「シューカツ」していました。

いろんな業界見て、会社見て、インターンにも結構参加しました。

けど、体の中から湧き上がってくるようなやる気とか熱意とか喜びとかが全くなかったんです。

インターンでは優勝もしたりして、一つ一つに全力で力を注いでいましたが、なんだか楽しくなくて、「自分の居場所じゃない」「違う人間になっていく」感じがしていました。

一方で、春から地道にやっていた翻訳の方は、ワクワクや、やりがいを感じていました。

考えてみれば当然です。

小学生のころから外国語に興味があって、ここまで来たのも語学を頑張ってきたからです。大学では英語以外の言語も学びたくて、イタリア語専攻に入りました。

言語に対する熱意が私を動かしてきたし、今後も動かしていくだろうってことは明白でした。

シューカツするなかで、言語愛を育んでいけるような会社を探してみたんですが、なかなか普通にシューカツやって翻訳家になれる場所ってないんですね。

で、結婚する相手も決まってるし、彼も応援してくれる(むしろそれを望んでる)ので、フリーランスで翻訳家の道を進むことを決意しました。

友人に反対されたこともありましたが、私は、偽らずに本当に自分のやりたいことを極める人生を送りたいし、ほかの皆さんにもそうしていただきたいって思っています。

「みんなやってること」は本当に「みんなやるべきこと」なんでしょうか?

 

私の大好きな作家さんの言葉です。

"We're not different from other people, but those differences are very important."

 

さて、最後にこのブログで書きたいことで最初の投稿を締めくくります!

・読んだ本の感想

・趣味について

・翻訳の楽しさ、難しさ

・心が動いたこと

・その他諸々!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!